SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

プラザクリエイトとZoom、オンライン会議のための個室空間を共同開発

 1月26日、プラザクリエイトは、Zoom日本法人であるZVC Japan(以下 Zoom)と共同で企画したパーソナル・ミーティング・ボックス「One-Bo(ワンボ)」を公開した。

新製品「One-Bo」発表会の様子(左から)プラザクリエイト代表取締役 大島康広氏、同社取締役 新谷隼人氏、ZVC Japan代表 佐賀文宣氏

新製品「One-Bo」発表会の様子
(右から)ZVC Japan代表 佐賀文宣氏、プラザクリエイト代表取締役 大島康広氏、同社取締役 新谷隼人氏

 One-Boは、ニューノーマル時代に適した、“オンライン会議のための個室空間”である。今後、オンラインとオフラインを柔軟に組み合わせながら生産性高く働けるようなオフィス環境が求められることを見据え、オンラインでの会議やコミュニケーションに特化した個室空間を開発したという。

 また、Zoomとの共同企画モデルも同時に開発、販売を開始する。「Zoom ミーティング」を搭載するなどZoom利用に最適な空間をデザインしたモデルとなっており、周囲の環境に関わらずオンライン会議に集中できる状態を作ることができる。他にも、エードットとの共同企画モデルの開発も構想している。

 Zoom 日本法人代表 佐賀文宣氏は、「コロナ禍により在宅勤務が当たり前の選択肢になったと同時に、オフィス勤務に戻る流れもあり、今後はオフィスと在宅をインテグレーションした環境も必要になってくると考えております。今回の共同企画により生まれた『One-Bo』×Zoomモデルは、そうしたお客様にとっての業務効率化や、ビジネスの発展を加速させるための最適なソリューションであると確信しております」と述べている。

【関連記事】
ServiceNow、Zoomとリモートワークの品質向上に向けたパートナーシップを発表
Zoomが「ZOOM 5.0」を含むセキュリティ強化策を発表
在宅勤務の急増で55.6%増 ITR、リモートデスクトップ市場規模推移および予測を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13874 2021/01/27 13:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング