SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAP、新たな統合サービス「RISE with SAP」を提供開始

 SAPは、独現地時間1月27日、顧客の包括的な変革を推進する「RISE with SAP」の提供開始を発表した。

 RISE with SAPは、サブスクリプションベースで提供しており、サービスレベルアグリーメント、運用、サポートの責任主体が一元化されるサービスだという。SAPは、パートナーエコシステムとともに、以下によって企業のビジネスを変革するとしている。

  • ビジネスプロセスの再設計:ビジネスプロセスインテリジェンスは、SAPのビジネスモデルと、顧客との連携の中で得られたプロセスの専門知識を基盤として構築されている。SAPのワークフロー、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、およびその他のAIサービスとの接続により、インテリジェンスをビジネスプロセスに組み込むことができる
  • 技術的移行の実現:同サービスには、クラウド環境でのイノベーションの活用を支援するための自動化サービスや、移行と導入の促進を支援するテクニカルアーキテクトからのサポートが含まれる
  • インテリジェントエンタープライズの構築:SAP Business Technology Platformにより、企業全体でセマンティックレイヤーが一元化され、包括的なビジネス変革の基盤を構築できる

 SAPのCEOを務めるクリスチャン・クライン(Christian Klein)氏は、「地政学的な緊張、環境問題、そして現在のパンデミックにより、企業はこれまで以上に急速な変化への対応を迫られています。このような変化にビジネスプロセスを迅速に適応させられることが企業の成功の要件であり、SAPはその実現を支援します。そしてそれこそが、RISE with SAPのテーマです。お客様は、RISE with SAPを活用してクラウドにおける新たなビジネス手法を次々と生み出し、常に業界を一歩リードすることができます」と述べている。

【関連記事】
SAPジャパンと大阪府、8分野19項目において包括連携協定を締結
SAP、2020年度第4四半期・通年業績を事前発表
SAPジャパン、15年ぶり日本開催の「SAP TechEd Japan 2020」をアーカイブ配信

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13887 2021/01/28 16:51

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング