EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

東急建設、データ分析強化に向けてSAP Analytics Cloudを活用へ

  2021/02/19 14:04

 SAPジャパンは、東急建設が、中期経営計画に基づく3カ年のICT戦略にむけてデータの可視化や分析を強化するためにSAP Analytics Cloudの活用を開始したことを発表した。

 同社では、SAP BusinessObjectsを2003年ごろに導入し、各部門が必要なデータを収集/加工して活用してきた。一方、中期経営計画に基づくICT戦略を進めるなかで、データを集計するだけでなく、可視化して迅速な意思決定につなげたいという要望があったとしている。

 そこで同社は、東急テックソリューションズのメンバーが業務を担うシステムセンターと連携し、SAP BusinessObjectsとSAP Analytics Cloudのハイブリッドでの活用を決断、2019年にSAP Analytics Cloudを導入したという。

 労働時間管理をダッシュボード化し、部署ごとに残業時間の超過を把握できるようになった。また同ダッシュボードは、システムセンターでの試作と人事部のレビュー工程を繰り返し、1ヵ月程度で構築できたとしている。

 2021年から始まる次の経営計画を策定するなかでも、経営層、各部門でビジネス分析へのニーズは高まっており、様々なダッシュボードの構築が進行中だという。

【関連記事】
SAPジャパン、中期変革プログラム、「ワクチン・コラボレーション・ハブ(VCH)」などを発表
SAPジャパン、LINEと協業しコロナ予防接種に関わるサービスを日本で展開
SAPジャパンとコンカー、リモートワーク浸透で本社を移転へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5