SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

KDDI、KDDI Business IDにFIDO2準拠の生体認証を追加

 KDDIは、クラウドサービスのIDをひとつにまとめる「KDDI Business ID」に、「FIDO2認証」と、5つのシングルサインオン(SSO)対応サービスを追加したことを発表した。同サービスは、2月26日から提供開始している。

「FIDO2認証」提供イメージ
「FIDO2認証」提供イメージ
[画像クリックで拡大]

 FIDO2認証は、顔や指紋などの生体情報やセキュリティキーなどを利用した認証方式。スマートフォンやUSBデバイスなどの認証器に顔や指紋などの生体情報をかざすことで、パスワードレスで簡単にログインできるという。また、生体情報を利用しているため、パスワードの漏えいなどによる不正ログインのリスクを回避できる。

 また、SSO対応サービスにZscaler、Cisco Umbrellaなどの5つのクラウドサービスを追加。これにより、ひとつのIDで様々なクラウドサービスを利用できる環境を実現し、「どこでも働けるワークスタイルの実現」をより一層サポートするとしている

2021年2月26日拡充サービス
  • Zscaler
  • Cisco Umbrella
  • BizteX Connect
  • Adobe Creative Cloud
  • Smooth File 6

 同社は、SSO対応サービスについても今後追加していくという。

【関連記事】
KDDI、IoTの海外展開に向けStation Digital Mediaと資本業務提携
KDDI、東京に続き大阪府でもAWS Wavelengthの提供を開始
5Gによる事業成長を目指す【KDDI 2021年3月期第3四半期決算】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14017 2021/02/26 14:46

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング