EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTTデータ、りそなHDの営業店システムをローコード開発で構築

  2021/03/20 08:00

 NTTデータ、NTTデータソフィア、ジェネクサス・ジャパンは、ローコード開発を採用した新たな営業店システムを構築し、2020年10月からの一部機能を試行。りそなホールディングスにおけるデジタル化施策の一環として、2021年4月から順次利用開始予定であることを発表した。

 本システムでは、従来金融専用端末で行っていた業務量のうち70%を汎用端末(PC、タブレットなど)で可能とすることで、金融専用端末を半減しているという。また、オープンでライトなシステム構成とするとともに、ローコード開発ツール(GeneXus)の採用により、生産性の向上と開発期間の短縮を実現したとしている。

 開発にあたっては、NTTデータソフィア主導で2019年6月からPoCを実施し、新システムへの適用可否や生産性を評価。結果として、従来実績から想定する工期(16ヵ月)の半分以下である7ヵ月という短期開発を実現する見込みが立ったこと、十分な生産性を確認できたことから、新システムとしての採用に至ったという。

図:りそなホールディングスにおける新たな業務運営体制
図:りそなホールディングスにおける新たな業務運営体制
[画像クリックで拡大]

特長

  1. 従来金融専用端末で行っていた業務量のうち70%を汎用端末(PC、タブレット)で可能とすることで、金融専用端末を半減
  2. パッケージ製品ではなく、オープンでライトなシステム構成とするとともに、ローコード開発ツール(GeneXus)の採用により、生産性の向上と開発期間の短縮を実現、かつ、ソフトウェア資産の長期利用が可能

 今後は、店頭の事務処理をデジタル化により極小化し、時間・人・スペースの創出と高い機動性により、りそなホールディングスにおける新たな業務運営体制である、「お客さまに向き合う業務運営体制」の実現に貢献するとしている。

【関連記事】
NTTデータ、ドメイン特化BERT構築フレームワークを開発
金融機関の8割強がAIを重要視【NTTデータ グローバル調査結果】
NTTデータ、マイクロソフトとの協業でWinActorとTeamsを連携

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5