EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

AT&T、フォーティネットと提携してSASEソリューションを提供

  2021/03/24 14:31

 米現地時間3月9日、AT&Tはフォーティネットと提携し、マネージドセキュリティサービスのポートフォリオに企業向けSASE(セキュアアクセスサービスエッジ)を追加し、提供を開始することを発表した。

 AT&T SASE with Fortinetは、ソフトウェア制御による広域ネットワーク(SD-WAN)、SASEフレームワークの基本となるネットワークセキュリティ機能、および24時間365日の管理を統合した、大規模かつグローバルな初のマネージドSASEソリューションだとしている。

 「AT&T SASE with Fortinet」と「AT&T Alien Labs Threat Intelligenceプラットフォーム」との統合により、ネットワークセキュリティを可視化することで、SOCアナリストによる効果的かつ効率的なアラームへのレスポンスが可能になる。同サービスの提供は既に開始しており、2021年中にさらなる追加情報を発表する予定だという。

 AT&T Cybersecurity バイスプレジデント Rupesh Chokshi氏は、「ネットワークとセキュリティのコンバージェンスにともない、多くの企業が、ネットワークにアクセスするアプリケーションやデータの管理と保護において、様々な課題に直面しています。AT&Tは、マネージドサービスによる統合ビジネスソリューションを提供してきた確かな実績と、ファイバーおよび5G接続のクラス最高のソリューションにより、優れたSASEを提供できる独自の立場にいます。耐障害性ネットワークの可視性と管理を可能にするこのソリューションは、迅速な適応とイノベーションを支援します」と述べている。

【関連記事】
マカフィー、SASEの機能強化で企業のDX推進を支援 SD-WANベンダー6社との相互運用性も保証
テレワーク経験者の20%が講習受けず【みんなのマーケット ネットセキュリティ調査】
日本IT団体連盟、サイバーセキュリティ演習マップ解説書を公開

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5