SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

東芝グループ、デジタル変革に向けてSAPジャパンと戦略パートナーシッププログラムを締結

 東芝、東芝デジタルソリューションズ(以下、TDSL)とSAPジャパンは、東芝グループの次期基幹システムの構築および稼働後の活用を最大化するために、「戦略パートナーシッププログラム」を締結したことを発表した。

 本パートナーシッププログラムにより東芝グループとSAPジャパンは、2019年11月に東芝が採用したSAP S/4HANAをはじめ、SAP Analytics Cloud、SAP Aribaなどのソリューションを東芝グループに導入していくことを通して東芝グループのデジタル変革に取り組んでいくという。

 また、今後、TDSLとSAPジャパンは、東芝でのプロセス改革・システム刷新におけるシステムの構築や運用保守の知見を生かしたSAPソリューションの外販ビジネスにおいて協業し、他企業のデジタル変革および業務の効率化に貢献するとしている。

 東芝グループは2018年に公表した全社変革計画「東芝Nextプラン」において、サイバー・フィジカル・システム(CPS)テクノロジー企業への変革を目指している。この実現に向け「プロセス改革・システム刷新」を主要改革の1つに位置付け、SAP S/4HANA をはじめとするSAPソリューションの採用を決定し、現在、グループ内の既存システムの80%以上を刷新するとともに、全システムの90%以上のクラウド化を進めているという。

戦略パートナーシッププログラムを構成する4つのサービス

1. Strategic Program Management Office(Strategic PMO):東芝のデジタル変革の成功に寄与するための戦略プログラム管理サービス

2. Professional Service:東芝社内にデジタル変革のエキスパートを育成するためのサービス。以下の2つの要素も活用する

  • Preferred Card:SAPエデュケーションサービス利用における優遇契約
  • SAP Learning Hub:SAPエキスパートを育成するためのトレーニングツール

3. Innovation Business Solution Organization(IBSO):重要固有機能の実装と協働イノベーションの醸成を支援するサービス

4. SAP MaxAttention:プロジェクトの確実な成功を支援するサービス

 三社は、本戦略パートナーシッププログラムを通じて、東芝グループにおける、SAPソリューションとサービスの活用を最大化したデジタル変革の実現を目指すとともに、今後、TDSLとSAPジャパンによる外販ビジネスでの連携において詳細を検討していくとしている。

 東芝 代表執行役社長 CEO 車谷暢昭氏は、「今般、ビジネスソフトウェア市場をけん引するSAPと戦略パートナーシッププログラムを推進できることを大変嬉しく思います。SAPの強みは、アプリケーション間の統合が容易でビジネスプロセス全体の統合がしやすいこと、また価値実現までのスピードの速さです。東芝グループにおいてIT基盤の強化は最重要事項です。今回、SAPとともに東芝グループの次期基幹システムを立ち上げ、グループ全体でのオペレーションの統一化とデジタル化を進め、業務の効率化、経営の可視化、投資予算の最適化の早期実現を目指します。また、TDSLにおけるSAPソリューションの外販ビジネスの協業により、社会全体でのデジタル変革や業務の効率化に貢献できることを楽しみにしております」と述べている。

【関連記事】
NECや東芝、NICTなど5者が国内初となる量子暗号技術の共同検証へ
東芝データ、33億2,000万円の資金調達を実施 事業拡大を目指す
SAPジャパン、中期変革プログラム、「ワクチン・コラボレーション・ハブ(VCH)」などを発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14160 2021/03/25 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング