EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ダークトレースとマイクロソフト、サイバー防御の自動化で連携を強化

  2021/05/12 06:00

 Darktrace(以下、ダークトレース)は、Microsoft(以下、マイクロソフト)との連携を強化し、両社の顧客のデジタル環境全域においてサイバー脅威を自律的に検知・対処する自己学習型AIを提供することを発表した。

 今回の連携により、Microsoft 365やAzure Sentinelなどの各種クラウドアプリケーションなどのマイクロソフト環境におけるダークトレースの自己学習型の人工知能の能力を強化。マイクロソフトのソリューションとダークトレースの自律型サイバーAI技術を組み合わせて攻撃を阻止できるようになるという。

 両社のコラボレーションによって、下記の重要な領域において顧客にメリットを提供するとしている。

  • サイバーAI Eメールセキュリティ:Eメールにおける人間のコミュニケーションの定常パターンを機械学習することで、あらゆる標的型メール攻撃に自動対処するダークトレースのAntigena EmailがMicrosoft Azure上でホストされ、Microsoft Azure Marketplaceを介して提供される
  • セキュリティワークフローの簡素化・合理化:ダークトレース専用のWorkbookで、脅威アラートと自動生成された脅威調査レポートをSentinel内部に送信・可視化できるようになり、ダークトレースをAzure Sentinelにシームレスに統合できる
  • シームレスなデータ統合:ダークトレースのワンクリックインテグレーション機能により、ダークトレースのAI検知機能をマイクロソフトのエンドポイント保護ソリューションである、Microsoft Defender for Endpointに接続できる

 ダークトレース CEO ポピー・グスタフソン氏は、「マイクロソフトとの連携によってダークトレースのサイバーAIと自動対処技術が双方のお客様の環境で機能するようになることを誇りに思います。マイクロソフトが稼働するあらゆる環境を、ダークトレースは保護できるようになるのです」と述べている。

【関連記事】
日本マイクロソフト、関東地方整備局におけるインフラ分野のDX推進を支援
マイクロソフト、Nuance買収でヘルスケア業界でのクラウド戦略推進へ
SoftwareONEとマイクロソフト、戦略的提携で「SAP on Azure」推進へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5