EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DATAFLUCT、不動産ビッグデータ分析サービスの提供で用地取得などを支援

  2021/06/03 16:15

 DATAFLUCTは、用地取得支援サービス「DATAFLUCT real-estate.」について、6月3日より本番環境を提供することを発表した。

サービス画面 イメージ
サービス画面 イメージ
[画像クリックで拡大]

 本サービスは、デジタルガレージが運営するアクセラレータープログラム「Open Network Lab Resi-Tech」を通し、国内ディベロッパー複数社との共創で開発を進めているという。用地取得業務担当者のニーズをもとに「エリア周辺情報の一括サーチ」「レポート作成をサポートするグラフや地図のエクスポート機能」など、業務を効率化する機能を開発。今回提供開始する本番環境では、実証実験期間のフィードバックをもとに機能やデータ項目を追加したとしている。

データドリブンな用地取得を実現する4つの特徴
  1. エリア周辺データや地図をエクスポートして、レポート作成に活用可能:過去の土地成約情報や土地開発情報、学校区、属性別人口数などを一括でサーチし表示可能で、テキストやグラフだけではなく、地図上に表示させることも可能だという
  2. 将来の世帯年収予測など、オリジナルの予測データも取得可能:町丁単位の現在および将来の世帯年収推計が可能。今後は、地価変動率や価格シミュレーションなどの予測データ追加を予定している
  3. 現場の声をもとに機能・データ項目を随時アップデート:今回の本番ローンチ以降も機能やデータ項目を順次アップデートを行うとしている。データ項目については、約30項目のラインアップを予定しているという(8月までに順次追加予定)
  4. 利用者数制限なしの定額制で、社内の情報共有をスムーズに:社内の利用者数にかかわらず月額16万5,000円(税込)で利用可能な定額制サービスで、用地取得に関わる様々なレイヤーの担当者が利用できるとしている

【関連記事】
DATAFLUCTと東芝デジタルソリューションズ、店舗の来客数予測の最適化へ
DATAFLUCT、都市課題の解決に向けた12種類のBI/BAツール提供
DATAFLUCT、AutoMLモデルが構築できる機械学習プラットフォームを提供

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5