EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

みんなの銀行、次世代デジタル会計基盤を「Oracle Fusion Cloud ERP」で構築

  2021/06/14 17:28

 日本オラクルは、みんなの銀行が「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(ERP)」で次世代のデジタル会計基盤を構築し、本年1月に会計システムを稼働開始したことを発表した。

 今回、総勘定元帳を会計システムに集約しており、勘定系システムに影響されず会計制度の変更に対応できるなど、外部環境の変化へ柔軟かつ迅速に対応できるとしている。また、勘定系システムとの連携により、顧客の取引に関するデータが「Oracle Fusion Cloud ERP」に蓄積され、そのデータを用いた分析も可能になるという。

 同行 取締役副頭取 永吉健一氏は、「みんなの銀行は、従来の枠組みに捉われることなくゼロから設計することで、デジタル時代のまったく新しい銀行を目指し、次世代バンキング・システムをクラウド上で運用しています。そのシステムと連携する会計基盤は、常に最新テクノロジーのメリットを享受でき、外部環境の著しい変化に対応できる純粋なSaaSソリューションを必要としていました。今回、金融業界で多くの実績を有するオラクルの『Oracle Fusion Cloud ERP』を採用し、勘定系システムの負荷軽減を図るとともに、経営戦略を支えるデータドリブンな会計基盤として最大限活用していきます」と述べている。

【関連記事】
NEC、オラクルのCDPで顧客データの最適化などを推進
SMBCグループ、オラクルのクラウドERPで会計システム刷新へ
オラクル、「GoldenGate」を従量課金制のクラウドサービスとして提供へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5