EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ウイングアーク1st、新ブランド「invoiceAgent」で企業間DXを支援へ

  2021/06/16 15:32

 ウイングアーク1stは、文書を流通させる企業間DXプラットフォーム「invoiceAgent」を発表した。その第1弾として「invoiceAgent TransPrint(インボイスエージェント トランスプリント)」を6月21日より提供するという。

[画像クリックで拡大]

 新ブランド「invoiceAgent」は、“企業間DX”の具体的ソリューションとして、同社の帳票基盤ソリューション「SVF」、ドキュメント管理ソリューション「SPA」に続く帳票・文書管理事業の第3の柱になるとしている。

 企業間のあらゆる文書をデータ化し、クラウド上でセキュアかつ高速に流通できるプラットフォームとなり、日本の商取引を変革する“企業間DX”を支援。請求書の電子配信、電子契約、関連文書管理により、煩雑な紙文書を介した企業の業務担当者を解放し、企業間取引における効率化により、ビジネススピードを飛躍的に向上させるという。今後、数年間で3万社の導入を目指すとしている。

invoiceAgent TransPrint

 同製品は、「電子取引」「電子契約」「電子伝票」機能を有する3つの製品から構成されているという。既存システムを変えることなく、請求書・支払通知書・注文書・納品書などの企業間取引文書の電子化と配信・返信が可能。取引に紐づく文書の一元管理やインボイス制度・電子帳簿保存法にも対応する電子取引サービスだとしている。昨年1月に提供開始した「SVF TransPrint」の名称を「invoiceAgent TransPrint」に変更し「invoiceAgent」のファミリーブランドとしてとして6月21日より提供開始するという。

 これまで配信設定は、文書を保管するツールであるSPA Cloud上で行う必要があったが、今回提供する最新機能より、専用の画面「配信サイト」から帳票のアップロードやダウンロードができるようになり効率化がはかれる。また同サイト上にCSVから帳票を作成し配信する「帳票生成機能」を新機能として提供するとしている。

invoiceAgent WingSign(インボイスエージェント ウイングサイン)

 既存システムを変更することなく契約書作成・確認・署名から保管管理までを電子化し、ペーパーレス・ハンコレスを促進。契約に基づく取引文書も一元管理し契約業務に安心と価値をもたらす電子契約サービスであり、今夏に提供開始予定だという。

invoiceAgent DocketX(インボイスエージェント ドケットエックス)

 納品に関わる伝票をデータ化し、伝票回収・保管に関わる工数・コストを削減。電子受領確認により、物流・配送情報をリアルタイムに把握することで業務を見える化するとしている。本製品は、今秋に提供開始予定だという。

【関連記事】
ウイングアーク1stとジール、データブリックスが製造業のAI活用を推進するソリューション開発に合意
ウイングアーク1st、「SPA Cloud for ServiceNow」を提供開始
ウイングアーク1st、「SPA Cloud」で非定型帳票のデータ化を実現

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5