EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

CASBサービスの市場規模が前年比150%に拡大【ミック経済研究所調査】

  2021/07/20 17:00

 デロイト トーマツ ミック経済研究所は、「情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2021年度版」を、6月30日に発刊した。

 同マーケティングレポートは、主要セキュリティ製品ベンダー、セキュリティサービスベンダー、総合ITベンダーなど46社を調査。各社セキュリティサービスの2019年度から 2021年度までの出荷金額にくわえ、2025年度までの中期予測を含めて集計・分析をおこなったとしている。なお、製品ジャンルは下記12分野に分類して、それぞれの市場を考察しているという(調査期間:2021年4月~2021年6月)。

  1. セキュリティ運用・監視サービス
  2. SIEM運用サービス
  3. クラウド型アンチウイルスサービス
  4. クラウド型WAFサービス
  5. クラウド型DDoS対策サービス
  6. WEBセキュリティ監視・運用サービス
  7. メールセキュリティ監視・運用サービス
  8. メールアーカイブサービス
  9. 統合ログ管理サービス
  10. 資産管理サービス
  11. CASBサービス
  12. 脅威インテリジェンスサービス

市場動向調査結果

【出典】デロイト トーマツ ミック経済研究所『情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2021年度版』(クリックして拡大)
【出典】デロイト トーマツ ミック経済研究所『情報セキュリティマネージド型・クラウド型サービス市場の現状と展望2021年度版』(クリックして拡大)

 今回、調査対象となった12分野別の市場規模において、2019年度が1,275.1億円、2020年度が1,438.9億円(前年対比112.8%)、2021年度予測が1,632.4億円(113.4%)と、二桁伸びが続いているという。

 サービスカテゴリ別での2020年度売上構成トップは、セキュリティ監視・運用サービスで、2020年度は703億円(前年対比109.6%)。これは、全体の48.9%を占める数字だとしている。

 また、市場規模はまだ大きくないものの、2020年度前年比150.0%と、大幅な伸びとなっているのがCASBサービスだという。同調査は、この理由として2020年度から2021年度にかけて推奨されたテレワークと、「Microsoft 365」「Microsoft Teams」「Zoom」といった、ウェブ会議やコラボレーションツールを中心に、企業でクラウドサービスの利用が増加していることを挙げ、セキュリティ対策としてCASBの認知が高まっているからだとしている。

【関連記事】
国内クラウド管理市場は伸長傾向に【ITR調査】
2021年以降は回復見込み【IDC Japan、国内ITインフラストラクチャサービス市場予測】
コロナ禍を背景に成長【ITR 国内IBP市場規模調査】

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5