SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士通、グラフ構造データ分析サービスを伊LARUS社のXAIサービスに組み込み提供

 富士通とイタリアのソリューションベンダーLARUS Business Automation(以下、LARUS)は、富士通のグラフ構造データを分析するAI技術「Deep Tensor」を機能追加したAIスコアリングプラットフォームサービス「FUJITSU Finplex AIスコアリングプラットフォームサービス EnsemBiz(以下、Finplex EnsemBiz)」を、LARUSのグラフXAI(Explainable AI)サービスに組み込むことに合意した。

 今回の合意により、LARUSは新サービス「Galileo XAI」を8月より金融業界に向けて提供開始し、富士通は日本市場に向けて本サービスの導入支援をおこなうという。

 具体的には、LARUSのグラフデータベースプラットフォームに富士通の「Finplex EnsemBiz」を組み合わせることで、グラフ構造データに対する精度の高い分析を実現。これにより、金融機関において、循環取引など高度かつ複雑な不正取引の自動検知が可能となり、金融機関のリスク低減およびコスト削減に貢献するとしている。

 両社は、今後もグラフ構造データの活用を促進し、金融業界における業務の高度化を推進していくという。

【関連記事】
金融機関の8割強がAIを重要視【NTTデータ グローバル調査結果】
大手金融機関を中心にIT支出が回復へ【IDC Japan 国内金融IT市場予測】
富士通が製薬・医療機器メーカー向けSaaS型治験ソリューションを提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14772 2021/08/04 15:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング