EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

インフォマート、東京工業大学のDX推進を目指して実証実験へ

  2021/08/27 05:00

 インフォマートは、東京工業大学における教職員の発注、検収、請求業務のプロセス改革を目的とした業務デジタル化に向け、同社が提供する「BtoBプラットフォーム TRADE」「BtoBプラットフォーム 請求書」を利用した実証実験を、11月1日より開始することを発表した。

 今回の実証実験は、同社が提供する「BtoBプラットフォーム TRADE」と「BtoBプラットフォーム 請求書」を試験的に導入し、東京工業大学における発注、検収、支払処理といった業務プロセスの効率化とデジタル化の有効性を検証するものだという。本実験により、従来紙で行っていた受発注業務をデジタル化し、東京工業大学教職員の業務効率化、ペーパーレスの実現、ひいては学内のDX推進を目指すとしている。

実証実験の概要
  • 期間:2021年11月1日~2022年4月30日
  • 対象業務:見積もり、発注、納品、検収、請求、支払い
  • 利用サービス:「BtoBプラットフォーム TRADE」「BtoBプラットフォーム 請求書」
  • 対象部署:財務部
  • 対象取引先:4社

 同学 財務部主計課 塩屋仁史氏は、「現在本学の経理処理については大半が紙ベースで行われており、電子化が進んでいない状況ですが、今回の実証実験において見積・発注・受注・納品・受領・検収および請求に至る一連の業務についての電子化を行うことによる、業務の効率化による作業時間の軽減、書類保管場所の節約等について確認することで、今後の教員の研究教育時間の確保や経理業務の処理時間の削減などにつながることを期待しています」と述べている。

【関連記事】
インフォマート、「BtoBプラットフォーム TRADE」でDX推進を支援
コンカー、三鷹市など4自治体における実証実験の結果を発表 インフォマートと協業し業務をデジタル化
サイバーエージェント、インフォマートの「BtoBプラットフォーム 契約書」をグループ50社で導入へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5