SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Qlik、NodeGraph買収を発表 2021年第4四半期に商用収益化を予定

 Qlikは8月30日、NodeGraphの買収を発表した。Qlikはこれにより、インタラクティブなデータリネージ、インパクト分析、ガバナンス機能、アナリティクスデータパイプラインを拡張し、「説明可能なBI」を提供できるようになるとしている。

 NodeGraphは、Qlikのクラウドプラットフォームの一部として展開されることで、Qlikの既存のSaaSロードマップを拡大。データの「ポピュラリティ」を活用したコンテンツのコラボレーション、認知、検索、関連性スコアといった分野におけるインパクト分析、フィールドレベルのリネージ、パーソナライズされたコンシューマ、ユーザーエクスペリエンスなど、Qlikのカタログに新しい機能をもたらすという。

 Qlik CEO マイク・カポネ(Mike Capone)氏は、「企業がデータを活性化し、リアルタイムの意思決定に活用する機会が増えるにつれて、データがタイムリーで信頼性が高く、組織全体で一貫していることが非常に重要になっています。NodeGraphのインタラクティブなデータリネージ、インパクト分析およびガバナンス機能により、データがどこから来て、どのように変換され、どの程度信頼できるのかが明確になります。こうした可視化の実現は、すべての社員にデータに対する信頼を提供し、すべての業務においてデータを前提とする、アクティブインテリジェンスに基づいた文化を構築する上で不可欠なものです」と述べている。

 本買収条件は公表されおらず、Qlikは2021年後半にNodeGraphをSaaSソリューションに統合し、2021年第4四半期に商用収益化を開始する予定だという。

【関連記事】
Qlik、新たなデータリテラシープログラムを提供へ
Qlik、モバイル環境向けの「Qlik Sense Mobile for SaaS」提供へ
Qlik、AWSとの協業でSAPデータのクラウドアナリティクスを強化

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14873 2021/08/30 19:07

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング