EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SBI証券とNEC、インサイダー取引の審査業務にAIを導入 2022年度に運用開始へ

  2021/09/15 07:00

 SBI証券は、日本電気(以下、NEC)と共同で、国内で初めてインサイダー取引の審査業務にAIを導入し、2022年度より運用を開始予定だと発表した。

図1「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」の利用イメージ
図1「NEC AI 不正・リスク検知サービス for 証券」の利用イメージ
[画像クリックで拡大]

 今回両社は、審査観点が多岐にわたるため審査対象の絞り込みが難しく、多くの審査時間を割いていたインサイダー取引にAIを活用することで、審査業務の更なる高度化・効率化に取り組むという。具体的には、SBI証券が保有する数年分のインサイダー取引に関する取引データや重要事実データなどを学習したAIモデルを生成し、インサイダー取引の疑い度合いをスコアリングすることで審査業務を支援するとしている。

図2 インサイダー取引のスコアリングAIの実現イメージ
図2 インサイダー取引のスコアリングAIの実現イメージ
[画像クリックで拡大]

 これにより、一定の基準のもと抽出した取引データから不公正取引の疑いのある取引を絞る一次審査を効率化できるため、審査担当者は二次審査などより詳細な審査やより深度ある調査・分析に注力することが可能だという。

 また、人間では気づきにくいリスクをAIが検知・可視化することで、新たな観点から不公正取引の防止に寄与することも期待できるとしている

【関連記事】
NEC、AWSとクラウド・エッジ連携強化 企業向け5Gサービスのエコシステム形成を目指す
NEC、ホテル従業員向けにマルチモーダル生体認証による実証実験を実施
NEC、デジタル人材育成支援サービス提供で3年間6,000人の育成を目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5