EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

TwoFive、デジサート・ジャパンと販売代理店契約を締結し「BIMI」を推進

  2021/10/13 14:21

 TwoFiveは、デジサート・ジャパンと、BIMI規格に準拠した認証マーク証明書(Verified Mark Certificates:以下、VMC)の販売代理店契約を締結した。また、本協業によりBIMI/DMARCのセミナー開催などの啓発活動やマーケティング活動を積極的に展開し、なりすまし対策を加速させるという。

 BIMIのロゴを表示するには、メールボックスプロバイダーがBIMIをサポートしていなければならないが、現時点でBIMIに対応しているのはGoogle(Gmail)、Yahoo!(yahoo.com)、オーストラリアのFastmailだとしている。そのためTwoFiveは、BIMIへの対応についても、積極的に製品開発やアドバイス、サポートを提供するという。また、同社は「M3AAWG」のメンバーであり、その日本リージョンである「JPAAWG」の主要メンバーでもあるため、これらのワーキンググループなどでの活動を通して、BIMIの普及に貢献するとしている。

BIMIの仕組みとDMARCとの連携について

図.送信側・受信側・利用者におけるBIMIの仕組み
図.送信側・受信側・利用者におけるBIMIの仕組み
[画像クリックで拡大]

 DMARCポリシーには、「none(何もしないで受け取る)」「quarantine(隔離)」「reject(拒否)」の3つがあるが、BIMIを利用するためには、認証に失敗したメールに影響をおよぼす強い設定(quarantineまたはreject)にする必要があるという。TwoFiveは、BIMIを利用するために必須であるDMARCを正しく設定し、BIMIと連携して正しく運用できるよう、コンサルティングサービスを提供するとしている。

 また、DMARCレポートを集計して可視化するクラウドサービス「DMARC/25 Analyze」を提供。メールを送信するすべての企業や団体が、特別な専門知識がなくてもDMARCとBIMIを適切に活用できるように支援するという。

【関連記事】
TwoFive、「DMARC」認証結果レポート作成サービスを無償提供 なりすましメール対策に活用
TwoFive、クラウド型フィッシング対策「Area 1 Horizon」を2月1日より提供開始
TwoFive、AIを活用した情報セキュリティ脅威検知ソリューション「Virtual Analyst Platform」を提供開始

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5