EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本気象協会、データ駆動社会の実現に向けた実証実験を行う

  2021/10/18 18:43

 日本気象協会とSpectee、トランストロンは、本年年2月、AIなどの先進技術を活用した車両の運行データの解析により、運送事業者の安全な運行を可能にするための路面情報や周辺気象情報の抽出を目的とする実証実験の覚書を締結し、6月末までの期間で実施したことを発表した。

 今回の3社による取り組みは、デジタルタコグラフから取得した現実世界のデータを、サイバー空間でAIを用いて解析し、それを現実社会にフィードバックする、「データ駆動型社会」を体現した取り組み。実証実験では、トランストロンの製品であるデジタルタコグラフを導入している運送会社、幸楽輸送および池田運輸の協力を得て、走行中に取得した路面の画像データを、日本気象協会の気象データとともにスペクティのAIで解析を行い、乾燥、湿潤、凍結、積雪といった路面の状態を判定したという。

 本実証実験を通じて、実用化に向けた有効なデータが得られたため、今後は精度向上に努め、3社で実用化に向けて検討を進めていくとしている。

【関連記事】
キリンビール、NTTデータと共同でAI濾過計画システム開発 3,000時間以上の創出に成功
ウイングアーク1st、新たなデータ分析基盤サービス「Dataring」を提供
コネクトデータ、Bright Dataと協業しデータの民主化を推進へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5