EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ラックと三菱UFJ銀行、AIを活用したATM不正利用対策のPoCを実施

  2021/10/22 16:56

 ラックは、三菱UFJ銀行と、高齢者などを狙った特殊詐欺によるATM不正利用への対策として、AIによる不正取引検知の概念実証実験(以下、PoC)を行い、不正取引の検知率94%を達成したことを10月22日に発表した。

 両社は、2021年5月より、AI技術を活用したATM不正利用の発見手法に関するPoCを共同で進めている。インターネットバンキングや電子決済サービスなどを不正利用から守る対策として、ルールベースという方式を用いた不正検知システムはあったが、ルールベースは人によるきめ細かい条件の設定を行うことで不正判定の精度を高めるため、新しい手口の検知ルールを組み込む際に手間がかかるという。また、検知レベルを高め過ぎると逆に正規の利用を不正と誤検知するケースも増加してしまうため、実用する場合は検知レベルを落とさざるを得なかったとしている。

 この課題を解決するため、ラックはAIによる不正検知に取り組んでおり、AIを利用することでルールベースよりも誤検知や運用コストを少なく抑え、かつ検知精度を高めることが可能だという。

ラックの不正検知AIの特徴

 金融犯罪対策(特殊詐欺、サイバー犯罪)に特化しており、一般的なAIエンジンと比較して以下の特徴があるとしている。この特徴により、ATM不正利用において不正取引の94%を検知することを実現したという。

  • ラックの金融犯罪対策センター(FC3:Financial Crime Control Center)が保有している金融犯罪対策(特殊詐欺、サイバー犯罪)のノウハウ・知見を活用し、AIモデルの特徴量エンジニアリングに反映
  • 圧倒的に多い正規の取引の中に犯罪者によるたった一回の不正取引が埋もれている場合など、AIの分野で超不均衡データと呼ばれる精度を落としてしまう要因に対し、ラック独自のAI先端技術を用いることで精度を大幅に高め、この課題を克服することに成功

 今回のATM不正利用におけるPoCを皮切りに、インターネットバンキングでの不正検知においても研究を進め、実用的な金融機関向けAI不正検知システムを実現し、特殊詐欺やサイバー犯罪など金融犯罪被害の抑止に貢献していくとしている。

【関連記事】
ラックとMIND、マネージドEDRサービス提供で協業
ラック、金融犯罪対策センター新設で金融機関の被害対策などを支援
自宅から社内へ接続するVPN製品の脆弱性が標的に ラックが「サイバー救急センターレポート」を公開

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5