EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ドコモとUR都市機構、自動配送ロボットなどを活用した配送実証実験を実施

  2021/10/24 06:00

 NTTドコモ(以下、ドコモ)と都市再生機構(以下、UR都市機構)は、10月27日から10月28日にかけて横浜市・金沢シーサイドタウン並木一丁目第二団地において、UR賃貸住宅の居住者をモニターとして自動配送・遠隔操作ロボットを活用した配送実証実験を実施することを発表した。

 本実証実験は、昨年12月8日にドコモとUR都市機構が締結した『スマート技術の導入と環境整備に係る共同研究協定』のUR賃貸住宅におけるスマート技術の活用に向けた、センシングなど様々な実証の検討を進めるなかの取り組みの1つだとしている。本共同研究を進めるにあたり、本共同研究実証フィールドに第5世代移動通信システム(5G)の通信環境を整備し、あわせて5Gを利用したWi-Fiによる通信環境を団地屋外に構築しているという。

 今回、自動配送ロボットが日用品などの商品を団地入口から住棟まで配達することで、UR賃貸住宅にお住まいの方々のロボットに対する受容性(ニーズ面、機能面、安全面など)を確認し、今後の様々なロボットの導入に向けた検討材料にするとしている。

自動配送ロボットのイメージ
自動配送ロボットのイメージ

 両者は今後、ドコモの「ライフスタイル共創ラボ」とも連携し、様々な技術検証や居住者サービスのDX実証を、本共同研究実証フィールドで進めていくという。

【関連記事】
日立ら3社、ドコモ・システムズのゼロトラストテレワーク基盤を共同で構築
富士通とNTTドコモ、5Gの相互接続可能なネットワークを構築 産業分野のDXを支援
NTTドコモ、NVIDIAプラットフォーム活用でクラウドサービスを拡充

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5