SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ドコモとUR都市機構、自動配送ロボットなどを活用した配送実証実験を実施

 NTTドコモ(以下、ドコモ)と都市再生機構(以下、UR都市機構)は、10月27日から10月28日にかけて横浜市・金沢シーサイドタウン並木一丁目第二団地において、UR賃貸住宅の居住者をモニターとして自動配送・遠隔操作ロボットを活用した配送実証実験を実施することを発表した。

 本実証実験は、昨年12月8日にドコモとUR都市機構が締結した『スマート技術の導入と環境整備に係る共同研究協定』のUR賃貸住宅におけるスマート技術の活用に向けた、センシングなど様々な実証の検討を進めるなかの取り組みの1つだとしている。本共同研究を進めるにあたり、本共同研究実証フィールドに第5世代移動通信システム(5G)の通信環境を整備し、あわせて5Gを利用したWi-Fiによる通信環境を団地屋外に構築しているという。

 今回、自動配送ロボットが日用品などの商品を団地入口から住棟まで配達することで、UR賃貸住宅にお住まいの方々のロボットに対する受容性(ニーズ面、機能面、安全面など)を確認し、今後の様々なロボットの導入に向けた検討材料にするとしている。

自動配送ロボットのイメージ
自動配送ロボットのイメージ

 両者は今後、ドコモの「ライフスタイル共創ラボ」とも連携し、様々な技術検証や居住者サービスのDX実証を、本共同研究実証フィールドで進めていくという。

【関連記事】
日立ら3社、ドコモ・システムズのゼロトラストテレワーク基盤を共同で構築
富士通とNTTドコモ、5Gの相互接続可能なネットワークを構築 産業分野のDXを支援
NTTドコモ、NVIDIAプラットフォーム活用でクラウドサービスを拡充

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15127 2021/10/24 06:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング