SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SCSK、「IBM Z」の再販契約を締結して日本IBMとの協業拡充へ

 SCSKと日本アイ・ビー・エム(以下、日本IBM)は、SCSKがビジネスパートナーとしてIBMのメインフレーム「IBM Z」の再販契約を締結し、両社の協業を拡充していくことを発表した。

[画像クリックで拡大]

 これをもとにSCSKは、メインフレームを利用している顧客企業のITインフラストラクチャーの将来構想策定から提供、設計、構築、モダナイゼーション、運用管理まで、ワンストップでシームレスに支援。メインフレーム・トランスフォーメーションを実現するサービス「MF+(エムエフプラス)」の提供を10月25日から開始するという。

 同社は「MF+」により、メインフレーム・トランスフォーメーションをともに推進する役割を担っていくとしている。また、メインフレーム基盤の最適化、ハイブリッドクラウド環境へのシームレスな統合を進め、DXを戦略的に実現していくために「IBM Z」の潜在能力を引き出すという。日本IBMは、AIなどの最新技術の活用やグローバルで培ってきたメインフレーム・アプリケーションのモダナイゼーション、大規模システムの移行や運用に関するノウハウなどを通じ、SCSKを支援。両社は協業を通じ、DXを推進していくとしている。

【関連記事】
SCSK、ビジネス管理プラットフォーム「Domo」とシステム構築・運用サポートまでを提供
SCSKとAcquia、オープンソースのCMS「Drupal」のプラットフォームと導入支援サービスを提供
SCSK、米Workspot社と契約し、VDIソリューション「Workspot Cloud VDI」を提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15132 2021/10/25 20:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング