EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ガートナー、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表

  2021/10/28 16:00

 ガートナージャパンは、「日本における未来志向型インフラ・テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表した。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 日本市場に特化した本ハイプ・サイクルは、ビジネスに重要なインパクトや破壊、および創造をもたらすテクノロジーを、ITインフラという視点から取り上げたもの。まず、「NFT(非代替性トークン)」「スマート・ワークスペース」「IoTエッジ・アナリシス」などが「過度な期待」のピーク期に位置付けられるという。

 また、今回新たに追加されたテクノロジーやコンセプトには、「人間中心のAI」「人間中心のデザイン」「イマーシブ・エクスペリエンス」「デジタル倫理」など、人を中心としたデジタル化の考え方に関わる重要項目が含まれており、一方で新たなテクノロジーである「6G」や「振る舞いのインターネット」「トランスフォーマー(NLP)」なども登場していると述べている。

 なお、テクノロジーに対し、今まで以上に「人」を中心に据えた考え方や使い方をすべきであると述べている一方で、テクノロジーの動きは速く、油断するとトレンドに置いて行かれる状況が継続しているため、注意が必要だという。

 他にも本ハイプ・サイクルの特徴として、2020年版では「ブロックチェーン」と「人工知能」が幻滅期の谷に向かっていたが、2021年版では前者は谷底近くまでポジションを進め、後者は本格的な普及期に入ったことが挙げられると述べている。また、2020年版で黎明期の上昇フェーズに位置付けられていた「汎用人工知能」は、2021年版でも黎明期にとどまっているとしている。

【関連記事】
ガートナー、3つのトレンドに集約した「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2021年」を発表
5G技術は「過度な期待」のピーク期に到達 ガートナー、インフラ・テクノロジのハイプ・サイクルを発表
ガートナー、「先進テクノロジのハイプ・サイクル:2020年」を発表 注目すべき30の先進技術

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5