SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Tenable、IBM Security X-Force Redと戦略的提携を拡大

 Tenableは、IBM SecurityのX-Force Redと戦略的提携を拡大し、Active Directoryとコネクテッド環境に対する攻撃を継続的にリアルタイムに検出して防止する、包括的なActive Directoryのセキュリティサービスを提供することを発表した。

 TenableとX-Force Redは、導入、設定、サポート、ツール管理の提供によってActive Directoryの設定ミスなどの脆弱点を特定。脆弱点は、攻撃に悪用されるリスクの高い順に優先順位付けされ、チームが是正プロセス全体をエンドツーエンドで管理できるという。

 Tenable COO マーク・サーモンド氏は、「最近の大型のサイバー攻撃を調べてみると、必ず、脆弱で設定ミスのあるActive Directoryが悪用されています。公開されている脆弱点や設定ミスを足掛かりに、犯罪者は権限昇格してネットワーク内を探索するのです。これからはX-Force Redチームと力を合わせて、Active Directoryの脆弱点が明日の攻撃経路になる前に探し出して修正していきます」とコメントしている。

【関連記事】
米Tenable、ネット機器の脆弱性検出とシステム機器構成評価ソフト「Nessus」に最新版
CTC、日本IBMとのパートナーシップ強化でクラウド分野のサービス拡充を目指す
IBM、ReaQta買収で「IBM QRadar XDR Suite」を提供へ
サッポロビールと日本IBM、AIを活用したRTD新商品開発のDX推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15226 2021/11/15 16:12

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング