EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

エフセキュア、BtoB市場向けに新ブランドを来年投入へ

  2021/11/16 18:00

  F-Secure(エフセキュア)は、11月15日に法人向けビジネス戦略に関する説明会を開催。来年1月末以降、BtoB領域に注力するために新ブランドを設けることを発表した。

エフセキュア プレジデント兼CEO Juhani Hintikka(ユハニ・ヒンティッカ)氏
エフセキュア プレジデント兼CEO Juhani Hintikka(ユハニ・ヒンティッカ)氏

 同プレジデント兼CEO Juhani Hintikka(ユハニ・ヒンティッカ)氏は、「これまでは、同じブランドの下にBtoC、BtoB向けの開発を行ってきました。BtoB向けに大きな成果をあげている今のタイミングで新たなブランドを設けることにより、事業拡大を図っていくべきだと判断しました」と述べている。

[画像クリックで拡大]

 同社は、2021年Q1~Q3における業績として、BtoC向け製品/サービスでは前年度比8%増、BtoB向け製品/サービス領域でも前年度比9%増の売上げとなった。特にBtoB領域においては、2021年通期で10%弱の成長を見込んでいるという。

[画像クリックで拡大]

 今後、2022年1月末に新ブランド名を公表し、2月上旬のRSAカンファレンスにおいてローンチイベントも予定。ユハニ氏は、「売上げを伸ばしていく中で、市場別のアプローチが必要だと考えています。新ブランドは、大きな成果を勝ち取るための戦略です」と説明する。

【関連記事】
不審と報告されるメールの3分の1がフィッシングメール――エフセキュア調査
エフセキュア、月額課金設定の新サービス「F-Secure Elements」を発表
IQよりEQが求められるように【エフセキュア:CISOを対象とした調査】

著者プロフィール


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5