SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース (AD)

【開催まであと3日】Confluent Japanが解説するDX時代に即した迅速なデータ処理技術とは

 11月25日に編集部が開催する年次イベント「data tech 2021」の特別講演に、Confluent Japan合同会社でシニアフィールドマーケティングマネージャーを務める山之内 真彦氏が登壇する。

画像クリックでイベント詳細をチェック
画像クリックでイベント詳細をチェック

 本セッションにおいて同氏は、ニーズや顧客の分析をはじめとする、リアルタイムでの迅速なデータ活用の必要性にフォーカスし、様々な企業で起こっている「Data at Rest」から「Data in Motion」へのシフトの全貌を解説。また、DX時代に最適な素早いデータ処理を実現するConfluentの技術を、近年の企業動向を踏まえながら紹介する。

 DX時代の訪れとともに、データの保存と分析、そして活用の形はどのように変化していくのか。これからの時代に求められるデータとの向き合い方や、最新の技術トレンドを把握しておくのに役立つ内容となっている。

data tech 2021

A-6:なぜ今、Data in Motionなのか

【関連記事】
【来週開催!】ライオン×ヤマハ発動機がパネルディスカッションで導く「DXの進め方」
【開催間近】ソートスポットがなぜ京セラやウォルマートのデータ活用基盤に選ばれたのか
中外製薬が掲げる“3つの戦略” デジタル基盤を活用した新薬創出に挑むDXの全貌

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15252 2021/11/22 12:17

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング