SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

セールスフォース・ドットコム、「セールスフォース・ジャパン」に社名を変更

 セールスフォース・ドットコム(以下、Salesforce)は、2022年2月1日付で本社を移転し、社名を「株式会社セールスフォース・ジャパン」に変更することを発表した。

 「Salesforce Tower」への移転にあわせ、これまで以上に日本市場に根ざし、信頼される顧客関係管理(CRM)のマーケットリーダーとなることを目指して、社名を変更するとしている。

 新オフィスとなるSalesforce Towerでは、場所を選ばずにどこからでも成功する(Success from Anywhere)という同社の新しい働き方のコンセプトに基づき、従業員の声に耳を傾けながら、リモートワークと、人と人とが直接会う楽しさ、自発性、イノベーションを組み合わせた、柔軟性のある働き方を実現していくという。

 また、社名の変更と移転に合わせ、持続可能な未来を拓くための森林保全の取り組み「Salesforce Park Tokyo」プロジェクトを設立。東京都檜原村の「Salesforce Park Tokyo」に3000本の樹木を植えるとともに、移転に際する取引先からの祝花などを辞退し、代わりに同プロジェクトへの支援を呼びかけることで、生態系の回復と森林保全を進めていくとしている。

 同代表取締役会長兼社長の小出伸一氏は、「21年前に日本法人を設立して以来、当社はお客様、パートナー様、コミュニティの皆様に支えられながら、テクノロジーを使って企業とその先のお客様との信頼関係を構築するお手伝いをし、日本のデジタルトランスフォーメーションを支援してまいりました。これからも、皆様からの期待に応えるとともに、『ビジネスは社会を変えるための最良のプラットフォームである』という信念のもと、お客様の成功と社会の発展に貢献してまいります」と述べている。

【関連記事】
セールスフォース・ドットコムと愛媛県、DX実現など、9事項にわたり包括的連携へ
日本の中小企業43%が対面を中心とした勤務形態を計画か――セールスフォース・ドットコム調査
セールスフォース、ANAのAPIプラットフォーム基盤にMuleSoftを導入 DX推進を後押し

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15288 2021/12/01 19:48

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング