EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アサヒグループ、国内従業員約18,000人にServiceNow導入 従業員体験の向上を目指す

  2021/12/02 18:26

 ServiceNow Japanは、アサヒグループホールディングス(以下、アサヒグループ)がデジタルワークフロープラットフォームとして「IT Service Management」(以下、ITSM)を導入し、今年10月から運用を開始したことを発表した。

 アサヒグループでは、ITサービスに関する従業員からの問い合わせや申請業務から着手するために、国内従業員約18,000人を対象にServiceNowのITSMをデジタルワークフロープラットフォームとして導入。既存の申請業務を完全に置き換え、全社員に対して一斉展開を行ったという。これは、既に導入していた様々なビジネスアプリと、レガシーシステムとをデジタルワークフローをトリガーとして連携するプラットフォームの位置付けだとしている。

 ITSM導入により、すべてのIT申請をITSM上で記入することをトリガーに、申請から承認、申請内容の作業を完了するまでの進捗状況までを可視化し、管理することが可能になったという。また、申請者と対応者のやり取りや必要な情報の検索が可能なポータルを提供することで、すべての従業員が必要なときに必要な情報に容易にアクセスすることができるようになり、情報の正確性を担保しながら自己解決率を向上する仕組みを提供。利便性と生産性を高め、従業員体験を向上することに大きく寄与しているという。

 今後同社は、IT以外の営業、生産、物流や各管理部門領域における従業員体験のさらなる向上を目指すとしている。

【関連記事】
横河電機、セキュリティ運用基盤としてServiceNowを導入
NTTデータ先端技術、ServiceNowを活用しITサービスマネジメントの課題を解決
NTTデータ、従業員体験の向上を目指しServiceNow活用へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5