SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

宇宙事業者向けにセキュリティ支援を開始 サイバー攻撃が増加

 人工衛星と地上のクラウドを接続するためのクラウド地上局プラットフォームを開発する「スカイゲートテクノロジズ」は、近年の宇宙領域における世界的なサイバーセキュリティ要件の高まりを受け、宇宙事業者向けにサイバーセキュリティの支援サービスを開始した。

 同社によると昨今、宇宙ビジネスは急激に拡大しているという。特に人工衛星は顕著で、2020年には年間打上げが1,184機に達し、前年比3.11倍と急増。一方、衛星や宇宙システムを狙ったサイバー攻撃は年々増加傾向にあり、米航空宇宙局(NASA)をはじめとする宇宙関連機関もその被害を受けているという。

 また、安全保障の観点から、衛星の製造や打ち上げ、運用に関してより高いセキュリティが求められているとしている。経済産業省は2021年度内に、人工衛星開発に関わる国内事業者向けにサイバーセキュリティ指針を策定する予定で、国内でもサイバーセキュリティの重要性が高まりつつあるという。

 今後同社は、宇宙と地上とを結ぶ通信の要である地上局を中心に、衛星ビジネスにおける地上システムの構築・運用支援をしてきたノウハウを活かし、宇宙ビジネスのセキュアな設計・構築を支援していくとしている。

【関連記事】
NEC、NASAの月探査計画向け宇宙船へのAI技術本格導入に合意
HPE、エッジコンピューティングとAI機能で宇宙探査を支援へ
JAXA、超高速インターネット衛星「きずな」で岩手県の通信設備の支援を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15415 2022/01/05 16:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング