SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

戸田建設、VMware環境下の基幹システム移行に「OCI」を採用

 日本オラクルは、戸田建設が、VMware環境下の基幹システムのクラウド移行に「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」の「Oracle Cloud VMware Solution」を採用したことを発表した。

 戸田建設はこの導入により、社内システムの内製化に向けたレガシー・モダナイゼーションを推進し、クラウド・サービス活用によるコスト最適化、開発スピードの向上、より高度な自動化・API化などに取り組むとしている。また、今回のVMware環境のクラウド移行に際し、「Oracle Cloud Lift Services」を活用し、自社主導でオンプレミス同様に制御可能なVMware環境を「OCI」上に構築し、移行、運用を行っていくという。

 同ICT統轄部 インフラ・セキュリティ部 部長 盛茂実氏は、「優れたパフォーマンス、オンデマンドの拡張性および迅速なワークロードのプロビジョニングを評価し、基幹システムの移行には『OCI』を選定しました。また、『Oracle Cloud VMware Solution』は、『OCI』上でのクラウド活用メリットと、オンプレミス環境での運用と同様の自社でのVMware環境の制御を両立させることができ、ITスタッフに大きな運用変更の負荷もなく、コスト最適化、柔軟性、拡張性を享受できます。今回の移行に際して『Oracle Cloud Lift Services』を利用することで弊社のミッション・クリティカルなシステムをクラウドへ移行する際の最適な道筋を見つけ、自社での環境構築、運用に着手できました。今後は、『Oracle Autonomous Database』などの『OCI』のIaaS、PaaSの活用も進めていき、BCP対策にも取り組んでいく計画です」と述べている。

【関連記事】
オラクル、米医療IT大手のCernerを283億ドルで買収へ 医療情報システム領域事業を補完
日本オラクル、「AI Services」などOCI製品のアップデートを発表
オラクル、「OCI AI」を発表 専門知識を要さずアプリケーションへのAIサービス活用が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15507 2022/01/28 19:37

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング