SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

情シスの本音か、4割が「経営者が自社ITを理解してくれない」と回答――メタップス調べ

 メタップスは、中小企業(従業員数50人〜500人)の、情報システム部門の会社員507人を対象に情シスの本音調査を実施し、その結果を公開した。

情シスの約半数が「必要なIT投資を十分に受けられていない」と回答

 「Q1. あなたは、情報システム担当者として、必要なIT投資を十分に受けることができていると感じますか。」(n=507)と質問したところ「あまりそう感じない」が38.5%、「全くそう感じない」が9.2%という回答だったという。

4割強の情シスが「経営者に自社のITについて相談や提案ができる環境がない」と回答

 「Q2. あなたの会社では、経営者に自社のITについて相談や提案ができる環境がありますか。」(n=507)と質問したところ「ほとんどない」が11.5%、「あまりない」が31.2%だった。

約半数が「適切な評価を受けていない」と不満

 「Q3. あなたの会社では、人事評価の観点で、情報システム担当者が適切な評価を受けていると感じますか。」(n=507)と質問したところ「あまりそう感じない」が35.9%、「ほとんどそう感じない」が10.4%という回答になったとしている。

約4割が「勤め先の経営者が自社ITを理解してくれていない」と回答

 「Q4. あなたは、お勤め先の経営者が自社ITについて十分に理解してくれていると思いますか。」(n=507)と質問したところ「全くそう思わない」が7.8%、「あまりそう思わない」が28.0%だという。

経営者が理解してくれないと感じる理由として
「経営者からITに関する“便利屋”として使われている感覚がある」が52.5%で最多

 「Q5. Q4で「全くそう思わない」「あまりそう思わない」と回答した方にお聞きします。どのような場面で、経営者が自社ITについて理解してくれていないと感じますか。(複数回答)」(n=181)と質問したところ「ITに関する“便利屋”として使われてる感覚がある」が52.5%、「自社ITについて、説明しても理解されない」が38.1%、「自社にITの課題があるが、経営者が予算をおろしてくれない」が31.5%という回答だったとしている。

「利益のみ追及し、新技術などへの投資をしない」や
「突然人員を減らされ、その後の人員補充もない」という意見も

 「Q6. Q4で「全くそう思わない」「あまりそう思わない」と回答した方にお聞きします。Q5で回答した以外に、経営者が自社ITについて理解してくれていないと感じる場面があれば、教えてください。(自由回答)」(n=181)と質問したところ「利益のみ追及し、新技術などへの投資をしない」や「突然人員を減らされ、その後の人員補充もない」などの回答があったという。

自由回答(一部抜粋)
  • 55歳:利益のみ追及し、新技術などへの投資をしない
  • 43歳:突然人員を減らされ、その後の人員補充もない
  • 43歳:つぎはぎのシステムなので、社員がどこか修正した際に、他への影響が想定出来ていない
  • 43歳:ITに関連する作業で残業が発生しても理解されない
  • 32歳:障害が発生しても、担当者のせいにされシステム側への投資はない
  • 44歳:経営層がいまだに紙での管理を推し進めている
  • 26歳:専門知識に関する価値が評価されず、人材教育に関する投資が極端に少ない
  • 56歳:経営者のITリテラシー不足により、本題以外の説明に時間がかかる
  • 58歳:必要な機材を提案しても安価な物にするように必ず指示され、結果性能が悪くなり何とかするよう無理な課題をさらに与えられる
調査概要
  • 調査概要:「情シス」の本音調査
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査期間:2022年1月7日〜9日
  • 有効回答:中小企業(従業員数50人〜500人)の情報システム部門所属の会社員507人

【関連記事】
“ひとり情シス”の企業が1割以上か――メタップス調査
情シスの4割が転職検討 「経営者の理解が得られない」が大きな理由に
三井情報、情シス担当者の業務負荷軽減に向けてマネージドサービス提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15551 2022/02/08 15:10

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング