EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アステラス製薬、「S/4HANA」を中核に日米欧で基幹システムを刷新 アクセンチュアが支援

  2022/02/25 13:55

 アクセンチュアは、アステラス製薬の次世代基幹システム刷新において、日米欧の3拠点に基幹システムの導入が完了したと発表した。今後、導入拠点を拡大していく計画だという。

 同システムは「SAP S/4HANA」を中核に、Microsoft Azureのパブリッククラウド上で運用しているという。SAPの様々なクラウドベースのソリューションを統合するなど、フルクラウド環境をグローバルシングル・インスタンスで実現した点が特長だとしている。クラウドが持つ柔軟性によって最新技術を迅速に組み込むことができ、BCPへの対応や、合併・買収などの事業拡大にも対応することが可能になるという。

 また、グローバルで適所に人材の配置と評価を可能とする「SAP SuccessFactors」も導入し、社員のイノベーションをさらに促進させる仕組みとして活用している。

 アステラス製薬では同システム導入と並行し、アクセンチュアも支援しグローバル規模のBPOを進めているという。今後は同システムで集約したデータとBPOで取り扱うデータにAI、RPAやアナリティクスなどのデジタル技術を組み合わせることで、インテリジェント・オペレーションの実現を目指すとしている。

【関連記事】
ブルボン、DX基盤に「SAP S/4HANA」を導入へ 情報提供の迅速化など5つの実現目指す
大和ハウス工業が「SAP S/4HANA」を採用 グローバル経営基盤を強化
ヨネックス、「SAP S/4HANA」導入を通じたDXでグローバル経営基盤の確立を目指す

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5