SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

1位は「経営陣に言われた」 システム導入責任者への実態調査をPendoが公表

 Pendo.io Japanは、「システム導入最終意思決定者」への調査結果を公表した。なお、2020年以降に従業員500人以上の企業に所属する該当者に実施したものだとしている。

 所属組織に導入したことのあるシステムでは、1位に「グループウェア」2位「ビデオ会議」3位「自社開発」というランキングとなり、傾向としてコロナ禍で業務効率化やコミュニケーション活性化が期待されるシステムが採用されたと思われる。

[画像クリックで拡大]

 「新システム導入のきっかけ」項目では、1位「経営陣から言われた」3位同率で「ニュース記事を見た」「部下等から提案された」が挙がっている。導入する際に重視する経路としては 1位「付き合いのあるSlerやベンダー」、2位「ネットニュースのまとめサイトやニュース記事」と2位までで半数以上の回答を占めているという。

[画像クリックで拡大]

 なおシステム導入するにあたって「ROIを設定する上での課題」として、数値で測れない定性的な要素を定量的に出すことが挙げられている。

 ROI向上のための取り組みとしては、現場やエンドユーザーの利便性の向上具合は工数削減具合など、定性的な指標から定量的な数値へ換算するなどの意見が見受けられるという。また、システム利用率が低い状況が続いた場合に取った対応という項目では、現場部門担当者の利用支援が回答率トップではあったものの、約半数でシステム使用を止めたという決定も下されていた。

[画像クリックで拡大]

【関連記事】
マクニカ、Pendoと国内初となる販売代理店契約を締結
プロダクトアナリティクスSaaSのPendoが日本上陸、CDO/CIO支援に見出した商機
新システム導入時のデータ移行や他システム連携時に注意すべきポイント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15692 2022/03/11 16:58

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング