SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

信頼し得るAI運用の組織、75%が成功する見込み ガートナーがトレンドを発表

 ガートナーが2022年のデータ・アナリティクス(D&A)に関するトップ・トレンドを発表した。大枠のトップトレンドとして「ダイナミズムとダイバーシティの活性化」、「人材と意思決定の強化」、「信頼確保の制度化」の3つの分類をあげている。

 「ダイナミズムとダイバーシティの活性化」では、データ共有に焦点を当てる。コロナ禍といった世界情勢により、データ共有の必要性が一気に高まったことを受け、政府や民間でのデータ共有の活用を訴える。同社は2026年までに、社内外のデータ・エコシステムに自動化された信頼基準が適用されることで、外部のデータ仲介者の大半は市場から排除され、データ共有のリスクが半減するという。

 「人材と意思決定の強化」については、2025年末までに最高データ責任者(CDO)の大半が人材のデータ・リテラシーを向上させることは難しいとしている。同社の調査では、D&Aの人的な要素を優先して取り組む組織はテクノロジーに偏重する組織よりも成功を収める割合が高いことから、人材に焦点を当てることで、より幅広いデータ・リテラシーやデジタル学習が促進されるとのことだ。

 「信頼確保の制度化」では、AIについて言及。AIは多くの組織でその活用にあたっての解釈や説明ができず、信頼性と透明性の欠如を招いているという。急速に進むAIイノベーションのリスク管理に備えない結果、誤った意思決定を下すなど、AIモデルの誤作動による悪影響が増大すると予想。

 そのため2026年までに、信頼できる目的志向のAIを開発する組織の75%はAIイノベーションで成功を収めるものの、そうでない組織では40%にとどまると同社は予想している。

【関連記事】
IT投資の差が企業間格差に ガートナーが2022年のIT支出予測を発表
日本の「デジタル化」7割は2025年まで停滞か ガートナーが展望を発表
セキュリティ責任者が取り組むべき7つのトレンド ガートナーが発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15806 2022/04/04 18:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング