SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

アナログな製造工程手順をDXで改善 マクニカが「Pathfinder」販売開始

 マクニカは4月5日、米企業のRetrocausal(レトロコーザル)が有するPathfinder(作業ミスの即時自動判定ツール)のリセラー契約を締結したことを発表した。マクニカはレトロコーザルの戦略的パートナーとして、同製品の国内における販売を開始するという。

 レトロコーザルは2019年より製造業に特化した事業を行っており、作業ミスの流出を未然に防ぐことでの生産性向上に注力している。独自のAIアルゴリズムとUIにより、製造工程における作業者の動きを分析し、誰でも現場改善に取り組める体制の構築を支援するという。

 本発表では、デスクトップパソコンの組み立て工程が例示されている。これによれば、作業者が取るべき行程が行われなかった場合、次の作業を実行し始めようとすると、それをPathfinderが自動的に検知しアラートを出す。

 このように、発生したヒューマンエラーをその場で指摘することで、直ちに作業を修正することが可能になる。これにより、作業ミスの流出を防ぐだけでなく、作業者の習熟度向上や将来的なヒューマンエラーの改善が可能になるとのことだ。

 マクニカは今後も製造業に加え、様々な業種のDX推進に向け、DX人材の育成、業務効率化の加速を支援していくとしている。

【関連記事】
マクニカがセキュリティ脆弱性のリスク順位付けサービス「LeanSeeks」を提供へ
マクニカ、大規模EC事業者向けに商品管理支援AIを提供 人手不足の解消や工数削減を支援
マクニカ、ライオンへSASE製品「Catoクラウド」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15813 2022/04/05 15:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング