EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

ジオテクノロジーズ、UiPath活用で地図データの変動に対応 23年4月までに業務生産性を3倍に

  2022/04/14 15:10

 ジオテクノロジーズとUiPathは4月13日、住所確認サービスおよび人流データ・クラウドサービス制作プロセスの自動化に着手したと発表した。

 ジオテクノロジーズは、従来のデータ開発業務に、UiPathのAIとRPAを活用する。それにより、2023年4月までに3倍の業務生産性にすることを目指す。絶えず変化する地図データの変動スピードに対応し、顧客に最新情報を提供できる体制を整えるという。

 また、RPAを活用した業務効率化により、人材のキャリアアップの機会を創出し、新サービスの開発など創造的な業務への注力も目指す。具体的には、電子地図を活用した位置情報マーケティングサービスや、人流データを活用した新ソリューションの開発などを想定している。このほか、バックオフィス業務にもRPAを適用するなど、全社的な自動化推進も視野に入れているという。

【関連記事】
3年以内に1,500名以上のDX人材を育成へ 電通国際情報サービスがUiPathと協業事業
NECソリューションイノベータが煩雑化するRPA運用を支援 UiPathに対応
UiPathとSeviceNowがプラットフォームを連携し実現「広島コロナお知らせQR」

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5