SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

M2M市場は拡大継続傾向 矢野経済研究所が展望を発表

 矢野経済研究所は、国内外のM2M(Machine to Machine)市場を調査し、同分野の将来展望を発表した。同研究所によれば、2020年度の国内M2M市場規模(事業者売上高ベース)は2130億円で、前年度比1.4%増と微増推移となった。2021年度は、前年比2.8%増に止まる2190億円を見込んでいる。

 製造/工場では、既にIoT型遠隔監視が普及しているエネルギー設備などのファシリティに加えて、“大型・高額な生産機器・設備”での普及も始まっているという。また、工場の新設時、及び既存設備の更新時などには、次世代仕様(IoT機能)を組み込んだ機器・設備を導入する動きも顕在化しているとのこと。

 同研究所の見立てでは、2025年頃までは売上規模3000億円以上の大手メーカーが主導。そして2025年以降では、売上規模500~3000億円の中堅・準大手メーカーへの浸透が見込まれる。また、 2030年以降には、ほぼ全ての製造機器・設備のIoT化が実現すると予測。その結果、中堅・中小メーカーを含めたほぼ全ての製造業で、IoT型遠隔監視システムの活用が可能になるとのこと。

 2025年度に向けてM2Mマーケットは、伸長率的にはやや鈍化するものの、基本的には拡大基調が継続すると同研究所は見込んでいる。

【関連記事】
引き続き堅調の見通し【矢野経済研究所 サブスクリプションサービス市場調査】
3年以内に自動化市場は3000億規模に拡大 UiPathが今後の市場見通しと事業方針を発表
DaaS市場の売上が前年度比22.0%増、再来年には500億規模に ITRが発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15902 2022/04/21 19:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング