SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

伊藤忠テクノソリューションズ、クラウドネイティブ化支援サービス「C-Native」に3機能を追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は、クラウドネイティブ化の技術支援サービス「C-Native」の強化として、「コンテナ環境の自動構築」「マルチクラウドに対応したシークレット管理」「AIによるオブザーバビリティ(可観測性)」の3機能を追加した。

 今回追加する、コンテナ環境の自動構築の機能は、設定ファイルを元に新たなインフラを自動に構築できるという。人為的なミスを防ぐだけでなく、Webサービスへのアクセスの急増にもタイムリーに対応できるとしている。認証情報を管理するシークレット管理機能は、システム間の連携や他システムとの接続に関して個別に認証設定する必要があったものを、容易に認証・認可できるようにしたもの。システムの運用監視を行うAIによるオブザーバビリティ機能は、膨大な量のシステムリソース情報・ログ情報・トレース情報の可視化だけでなく、AIを用いた障害原因の分析により、高度なオブザーバビリティ環境を実現するとしている。

 今後CTCは、クラウドネイティブ環境下のアプリケーションやシステムアセスメント、システム環境の設計や構築、既存システムとの連携、運用の設計や継続的な開発(CI/CD)を支援していくという。

【関連記事】
CTC、MEGAZONEの出資比率を49%に増額 JV事業で年間650億円の売上目指す
CTC、ローカル5Gの技術検証が可能な専用スペースを開設 ベンダーと連携しながらの検証作業も
CTC、日本IBMとのパートナーシップ強化でクラウド分野のサービス拡充を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/15914 2022/04/25 18:25

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング