EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

SOMPOホールディングスが「Tenable」導入 IT資産の可視化で脆弱性を検出

  2022/05/11 18:15

 Tenableは、SOMPOホールディングスが、脆弱性管理ソリューション「Tenable」を採用したと発表した。

 SOMPOホールディングスは、成長戦略の一環として、IT業務の集約とセキュリティ業務の組織全体での合理化に向けたシェアード・サービス・センター (SSC) によるインフラ統一の構築を推進しているという。統合インフラのセキュリティ確保に向けて、同社は、「Tenable.io Vulnerability Management」の導入によりビジネスリスクに基づいた脆弱性の検出と削減を実行し、「Tenable.ad」の導入でActive Directory(AD)のリアルタイムでの要塞化と監視を実施。さらに「Tenable Lumin」の導入では、リスク削減の状況の可視化と経時的な傾向を把握するとしている。

 SOMPOホールディングス IT企画部 セキュリティエバンジェリストの小中俊典氏は「当社は、たった1件のサイバー脅威でも当社のブランドに直接影響があると認識しています。ですから、セキュリティチームがIT資産を完全に可視化して、当社のミッションにとって最大のリスクとなる脆弱性を検出して修正できることが不可欠でした。Tenable.io Vulnerability Managementは、検出機能によって盲点を排除するばかりでなく、クラウド上の設定も確認できます」とコメント。

【関連記事】
米Tenable、ハッカー視点で攻撃経路を管理する「Cymptom」を買収へ
2021年に400億件を超えるデータ記録に侵害か――Tenable調査
Tenable、IBM Security X-Force Redと戦略的提携を拡大

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5