SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

花王が「SAP Analytics Cloud」を採用 グローバル管理会計情報の処理時間を9割削減

 SAPジャパンは5月23日、花王が、「SAP Central Finance」および「SAP Analytics Cloud」を活用し、グローバルの管理会計情報の可視化に「SAP Analytics Cloud」を採用したと発表した。同社は、セルフサービスBIによりタイムリーな意思決定を実現しているという。

 同社の会計財務部門では、2000年代初頭からSAP ERPを導入。現在はグローバルで約98%のグループ企業がSAP ERPを利用している。2018年には、SAP Central Financeによって会計情報を一元管理する会計データ統合基盤(DWH)を構築したが、タイムリーに経営状況を把握することが困難だったという。そこで同社は、SAP Central Financeとの親和性、処理スピードの速さ、操作画面のわかりやすさ、SaaSの利便性を評価して、SAP Analytics Cloudを採用。会計財務部門の各担当者も自らデータ分析やレポーティングができる、わかりやすさが決め手になったという。

 現在は経営層、各事業部の部長、会計財務部門の管理会計担当など約250人がSAP Analytics Cloudを利用している。グローバル全体での最新のデータを取り込んで財務状況やセグメント別の売上状況などを随時可視化して、具体的なアクションにつなげているという。データを可視化する工数も約90%削減できたとしている。

 なお、アビームコンサルティングがSAP Analytics Cloudの導入とデータの可視化、BIのセルフサービス化を支援したという。

【関連記事】
クレーンメーカーのタダノが「SAP Commerce Cloud」を採用 顧客に感動サービスを
富士通、古河電工の基幹業務システムを「SAP S/4 HANA」に刷新 12部門の業務を標準化
企業存続にデジタル変革が重要と考える中小企業はわずか4割未満 SAPがレポートを公表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16025 2022/05/23 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング