SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウイングアーク1stのMotionBoardがAWS各種サービスと連携 製造現場のデータ活用で効率化

 ウイングアーク1stは同社のBIダッシュボード「MotionBoard」を、AWSのAI、IoTサービスと連携し、製造現場の課題解決を実現するためのソリューションとして5月25日より提供を開始したと発表した。

 今回の連携により、製造現場で得られるIoTやカメラの映像データ、日報のテキストデータなど、これまでデータ活用が困難とされてきた非構造化データを「MotionBoard」へ容易に連携し、活用することが可能になる。

 さらに、 AWSの各種AIサービスを活用することにより、 入力された非構造化データから特徴を見出し、動画から異常を検知できるなど、作業員の安全確保や業務の効率化を実現するとのこと。

 具体的には、製造現場で作成される日報のテキストデータをAmazon Comprehendと連携させることで、設備点検記録や品質不良報告などに含まれる文章から特徴量や傾向を抽出し、測定値だけでは見えなかった問題を発見可能になるという。

 他にも、カメラ映像をAmazon Lookout for Vision、Amazon Rekognitionと生産管理システムデータと掛け合わせることで外観検査を省人化し、品質異常が起きたときの加工状況の映像を紐づけられる。

 また、各種データはAWSが提供するデータウェアハウスAmazon Redshiftに格納されるため、製造現場データを原価計算や利益率管理など、経営で必要なデータとして迅速に活かすこともできるとのことだ。

【関連記事】
富士通、AWSとの協業で認定資格保有者を3年間で600人増員へ
アシスト、複雑化するAWSアカウント管理専用のソリューションを提供開始
テラデータ、AWS上の大規模かつ複雑な環境下でも運用できることを確認

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16040 2022/05/25 15:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング