SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

マクニカ、横河電機の予測型AIプロジェクトを支援 高精度の予測実現でDX化を推進

 マクニカは5月26日、横河電機が実施する多数の予測型AIプロジェクトの支援状況について発表した。本プロジェクトでは、H2O社およびLuminoso社製品の導入サポートを横河電機に行ったという。

 横河電機では、これまで基幹システムのデータ分析による売上予測等に挑んできたが、確実性の高い予測データとはいえず、またデータを活用するにも一定の手間がかかっていたとのこと。

 そこで、H2O社の機械学習自動化プラットフォーム「Driverless AI」とLuminoso社の自然言語分析AI「Luminoso Daylight」を導入したという。

 本プロジェクトでは「Luminoso Daylight」を活用し、グローバルからの多言語の問い合わせを自然言語分析することで、即座に意味を理解し回答できる環境を整備。また「Driverless AI」を活用し、問題化しそうな案件や対応への時間見積もりを予測することで、よりスムーズな顧客サポートを実現している。最も精度が高い地域では、80%以上の精度で予測することに成功しているとのこと。

 さらに、「Driverless AI」を活用することで、売れる可能性の低い不動在庫の発見や、売れる製品に紐づいて必要な部品数の予測についても実現している。あるプロジェクトでは「Driverless AI」を使うことで従来10日かかっていた概算見積り業務が、2~3日で終わるようになったという成果も報告されているという。

【関連記事】
マクニカ、クラウド型IGAの「Saviynt」と販売代理店契約を締結 ID領域の効率化を促進
日本初の自衛隊多国間サイバー競技会に、マクニカが技術支援と発表
アナログな製造工程手順をDXで改善 マクニカが「Pathfinder」販売開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16049 2022/05/26 15:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング