SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SBS東芝ロジスティクス、基幹システムのクラウド移行にオラクルのVMware Solutionを採用

 オラクルは5月27日、SBS東芝ロジスティクスが国内外用業務システムのクラウド移行として「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」の「Oracle Cloud VMware Solution」を導入し、2021年12月から稼働を開始したことを発表した。

 SBS東芝ロジスティクスではこのクラウド移行により、インフラコストや運用コストを最適化しながら開発スピード向上を実現し、ITシステムのモダナイゼーションを推進するとしている。

 同社は2020年11月、SBSグループの一員となり、東芝グループから独立したプラットフォームへシステムを移行した。そのため、新しいワークロードや機能拡張にも迅速に対応可能にする必要があったという。

 移行対象の業務システム群は、国内物流システム、EDI(電子データ交換)サーバーなどの重要システムを含む国内外業務システムで、35の仮想サーバー上で運用されていた。これらVMware vSphere環境下のシステム群を、限られた期間内かつ確実なクラウド移行を実現するため、「Oracle Cloud VMware Solution」が選定されたとのこと。

 「OCI」への移行により、データベースを含めたシステムの安定稼働と、クラウドネイティブ・サービスを活用したコストの削減、迅速なシステム拡張も可能になるとのこと。

 同社では今後の展開として、「OCI」で提供されるクラウドネイティブ・サービスを活用し、システムのモダナイゼーションをさらに進めていくだけでなく、「OCI」上に移行したシステムのデータベースの集約も行い、さらなるコスト最適化を図っていくとしている。

【関連記事】
オラクル、「OCI」の包括的なクラウドセキュリティサービス/機能を拡張
大日本印刷、大規模基幹システムにオラクルのOCIを採用へ
オラクル、従業員エクスペリエンスプラットフォーム「Oracle ME」を発表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16056 2022/05/27 15:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング