SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

サイバーセキュリティ人材の約9割は現状に不満 Trellixが調査結果を発表

 Trellixがサイバー人材の不足に関する調査結果を発表した。

 調査は日本や英国、米国など様々な分野のサイバーセキュリティ専門家1,000人を対象に実施。それによれば、回答者の85%は人材不足が原因で、複雑化する情報システムやネットワークのセキュリティ確保に影響が出ているとしている。

 また、職業資格をもっている人材のほぼ半数が、情報セキュリティ管理、リスク管理とコンプライアンス、およびセキュリティインシデント管理を中心としたCertified Information Security Manager(CISM)を有しているという。

 しかし資格と認定に重点を置いているにもかかわらず、回答者の56%はサイバーセキュリティで成功するために大学の学位は必要ないと回答。

 なお本調査では、サイバーセキュリティの専門家を増やす重要な取り組みとして、現在のフラストレーションに対処することを推奨している。

 というのも、回答者の89%は少なくとも1つの欲求不満を指摘しており、スキル開発に対する限定的なサポート(36%)、社会のために行われた善に対する認識の欠如(36%)などが、挙げられているという。

 特に回答者の3分の1(30%)は、将来別のキャリアや職業に転職する可能性があるとしていることから、レポートではこれらの問題点に対処するべきとしている。

【関連記事】
自社はサイバー被害を受けないと約半数のセキュリティ担当が回答 イルミオが調査レポートを公開
CISOのセキュリティリスク認知は世界的に低下傾向 プルーフポイントがレポートを公開
サイバー攻撃に対する組織への信頼度は2割ほど ExtraHopがセキュリティ調査レポートを公表

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16121 2022/06/09 14:10

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング