SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

芝浦機械とマクニカ、熟練技能者の「匠の技」をAIによる実現目指す

 芝浦機械とマクニカは、産業機械の高度化を目指し熟練技能の継承をAIで実現していくと発表した。

 産業機械業界では、熟練技能者の「匠の技」を継承させるため、機械自身を高度化させる技術開発が加速しているという。なかでも日本の工作機械メーカーにおいては、高度なセンシング機能やAIなどの最先端技術を搭載することで、熟練技能という目に見えない資産を価値に変換し、工作機械の製品競争力を高めることが喫緊の課題となっている。

 そこで両社は、高速・高効率を極めた門形マシニングセンタMPFシリーズにおいて、加工状態(チッピング、びびりなど)を判断し、最適制御につなげる機能をAIで実現することで作業を自動化することを目指しているという。

 この作業には、マクニカのAI専門家組織AI Research & Innovation Hubが提供するAI社会実装サービス「Re:Alize」を活用し、AIの実装を支援しているとのこと。

 今後、芝浦機械とマクニカは、工作機械への高付加価値の提供をさらに推進しビジネスモデルの変革を目指すとしている。

【関連記事】
MRと5G技術を活用した新空港サービス NECやJAL、マクニカなどが「MR空港体験」の実証実験開始
フィッシング詐欺者のレベルが低下傾向か マクニカがスミッシングに関するレポートを公開
マクニカ、横河電機の予測型AIプロジェクトを支援 高精度の予測実現でDX化を推進

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16178 2022/06/20 14:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング