SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本気象協会、世界196ヵ国の気象データを提供開始 8週間先の長期予報も可能に

 日本気象協会は、高精度な気象データをAPI形式で提供する「Weather Data API」にて、世界196ヵ国の任意地点の天気、気温、降水量などの様々な気象データを取得できる「グローバルデータ(Global)」を、6月27日より提供開始した。

 同サービスの利用により、日本と海外の気象データを継続的、網羅的に取得が可能に。120時間(5日間)予報や8週間先の長期予報など、これまで取得できなかった気象データを今回新たに提供するという。

 サービスの特徴は以下のとおり。

  • 日本気象協会独自の精度の高い予測
  • 2018年以降の過去実況値~8週先の予測が取得できる
  • 過去平均値(1993~2016年の平均値)を取得でき、平均的な気象との差を把握しやすい
  • 時間別の予測は120時間先まで、日別の予測は14日先まで(プランによる)
「Weather Data API」Global提供情報<br/>[画像クリックで拡大表示]
「Weather Data API」Global提供情報
[画像クリックで拡大表示]
「Weather Data API」Globalの2週間先の予測と観測に基づく推計値との比較<br/>[画像クリックで拡大表示]
「Weather Data API」Globalの2週間先の予測と観測に基づく推計値との比較
[画像クリックで拡大表示]

 同協会は今後、同サービスを通じて国内外のビジネスの活性化を「気象データ活用企業」として支援していくとしている。

【関連記事】
ドーモとウェザーニューズ、気象データと連携可能なコネクターを提供開始 1km四方の気象情報が取得可能
Specteeと日本気象協会、福井県が「AI路面状態判別技術」の新実証実験へ
日本気象協会、データ駆動社会の実現に向けた実証実験を行う

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16226 2022/06/29 19:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング