SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

KDDI Digital Divergence Holdings、7/1より法人顧客のDX支援を開始

 KDDIが設立した中間持株会社「KDDI Digital Divergence Holdings」は、7月1日より事業を開始した。アイレット、KDDIアジャイル開発センター、KDDIウェブコミュニケーションズ、Scrum Inc. Japanと共に、KDDI Digital Divergenceグループとして法人顧客のDXを支援するという。

 KDDI Digital Divergence Holdingsは、クラウド、アジャイルをはじめDX推進に必須となるケイパビリティを持つ事業会社をつなぐことで、DX支援・開発を強化していく。また、DX専業会社として進化していくため、DXに必要なケイパビリティをもつ会社とM&Aや業務提携などの実施も検討しているという。

 また、同グループは、DX人材の採用とともに、育成する仕組みの構築やグループ間の人材交流などを実施し環境を整備することで、顧客のDXを支援するとしている。

 同社は今後、通信を軸に顧客や社会と継続的につながり、付加価値を生むDXを推進することで、社会課題の解決やビジネスの変革を加速していくという。

 なお、各社の役割は以下のとおり。

  • KDDI Digital Divergence Holdings:グループ事業戦略を立案・推進し、DX領域において、グループ全体の連携拡大と事業ポートフォリオの拡充により、顧客のDXを支援
  • アイレット:顧客のITを支えるエンジニアの一員となり、クラウド導入、システム開発、監視・運用・保守といった作業で顧客をサポート
  • KDDIアジャイル開発センター:アジャイル開発を提供
  • KDDIウェブコミュニケーションズ:小さな投資でもインターネットの持つ力を活用できるサービスの開発・提供により、中小企業、IT初心者のIT活用を支援
  • Scrum Inc. Japan:同社認定資格セミナーやスクラム導入コンサルティングを通じて、スクラムを活用してDXを推進する組織のイノベーションを支援

【関連記事】
日本IBMとキンドリル、リコーのDX加速に向けパートナーシップを強化
横河電機、製造業のDXを支援する新会社「横河デジタル」を設立
NECとAVEVAが工場DX推進のための協業を発表 2026年度までに事業規模40億円を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16245 2022/07/04 15:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング