SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

SAPジャパン、中堅企業向けにパートナーパッケージプログラムを提供

 SAPジャパンは、7月5日、SAP S/4HANA Cloudに対応したAll-in-Oneパートナーパッケージプログラムを提供開始した。中堅企業向けに様々な業種に対応したSAP S/4HANA Cloudの「導入範囲」「期間」「費用」のモデルケースを提示することで、パートナー各社とともに顧客の投資効果の最大化を目指すという。

 同パッケージは、1. 対象業種が細業種にわたって明確であること、2. 各業種の標準的業務が事前に定義済みであること、3. 導入プロジェクトが12ヵ月程度で完了できること、4. 導入費用(SAP S/4HANA Cloudサブスクリプション費用を除く)が明確になっていることなどが特長。これらの条件を満たすことにより、顧客は実現範囲を正確に理解、合意した上で導入プロジェクトを開始できるという。また、プロジェクト進行にともなう追加費用の発生を抑えられるため、低リスク型クラウドERP導入モデルの実現が可能になるとしている。

 同パッケージを出荷するパートナーは以下のとおり(社名五十音順)。

  • アイ・ピー・エス
  • NTTデータ グローバルソリューションズ
  • コベルコシステム
  • JSOL
  • SHINコンサルティング
  • ビジネスエンジニアリング
  • 日立システムズ
  • フォーカスシステムズ
  • フリーダム

【関連記事】
日本製鉄、財務業務システムに「SAP S/4HANA」を採用 極力アドオンを行わずに導入進める
IBM、SAPとのパートナーシップを拡大 「S/4HANA」に移行で自社の変革進める
「Google Workspace」と「SAP S/4HANA Cloud」のネイティブ統合が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16263 2022/07/06 11:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング