SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTTデータ、全国584のJAバンクに預貯金照会業務を電子化する「pipitLINQ」を提供開始

 NTTデータは7月25日より、農業協同組合および信用農業協同組合連合会(あわせて以下、JAバンク)に、預貯金照会業務を電子化するサービス「pipitLINQ(ピピットリンク)」の提供を開始した。全国584のJAバンクへの預貯金照会を可能とするという。

画像を説明するテキストなくても可

pipitLINQの概要と特長

[クリックすると拡大します]

 pipitLINQは、行政機関と金融機関をつなぐ全国統一型のサービス。行政機関と金融機関の双方がpipitLINQに加入することで、加入機関間で電子データによる預貯金等照会が可能となり、書面を取り扱う人的負担や郵送によるコストおよび回答までのタイムラグを軽減する。

 JAバンクでは、年間300万件におよぶ自治体からの税金や社会保険に関連する照会があり、その調査や回答を手作業で行っているため、膨大な時間がかかっているという。pipitLINQの利用開始により、同サービス導入済み自治体への照会受け付けおよび回答送付を電子で行うことができるようになる。

 NTTデータは、現在pipitLINQを全国約500の自治体および日本年金機構、全国の国税局・税務署、約70(JAバンクを除く)の金融機関に提供しているという。今後さらに、すべての行政機関、金融機関に同サービスを提供することを目指すとしている。

【関連記事】
NTTデータ、預貯金等照会サービス「pipitLINQ」を生命保険会社にも提供へ
NTTデータとSAP、貨物の破損や遅延に対応する新たなソリューションを開発
東急・東急電鉄、経理業務に「ServiceNow」を導入 NTTデータが導入支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16373 2022/07/26 11:50

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング