SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

富士通Japan、病院の電子カルテと会計システムをクラウド化した新サービスを提供開始

 富士通Japanは、病院のDXを加速するため、病院の電子カルテシステムと医事会計システムをクラウド化した500床規模の大中規模病院向けクラウド型電子カルテサービス「Fujitsu ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-HX Cloud 」(以下、HOPE LifeMark-HX Cloud)を、2022年8月1日より提供開始すると発表した。

 「HOPE LifeMark-HX Cloud」は、クラウド化によってAI問診など外部サービスとの連携に必要なWEB-APIが利用しやすくなることから、さらなる患者サービスの向上や院内業務の効率化、病院経営の改善に貢献できるという。また、次世代医療情報標準規格であるHL7 FHIRに対応しているため、医療情報連携の強化と診療データの利活用につながるとのこと。

 セキュリティ面では、「データセンター安全対策適合証明」を取得した富士通のデータセンターで運用する。データセンター内においては、ハードウェアの二重化やフェールオーバー機能の搭載、災害時の回線不通対策として複数キャリアを用いた回線の二重化や電子カルテデータを参照できる専用サーバを院内に配置することで、業務継続性を強化しているとのこと。

 電子カルテや医事会計サーバをクラウド化することで、同ソリューションのオンプレミス型と比較して約50%程度サーバ数を削減。定期保守やハード故障時の保守といったサーバ管理費や電気代など、稼働後の運用までトータルでシステムコストの削減が可能となるという。

 同社は今後、サービスの提供範囲をさらに大規模な病院へと拡大すると同時に、ハードウェアやサービスなど日々の利用実績に応じた従量課金サービスも提供予定としている

【関連記事】
富士通、歩き方映像から人物を高精度に照合できる新技術を開発
富士通と富士通オーストラリア、「Enable Professional Services」を買収へ
富士通、ミリ波センサーで人の姿勢を高精度に推定できる新技術を開発

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16406 2022/08/01 14:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング