SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Splunk、AWS、Broadcomがタニウムなど15社とともにオープンソースプロジェクト立ち上げ

 Splunk、AWSなど、サイバーセキュリティとテクノロジーをリードする企業による連合は8月10日(現地時間)、セキュリティチームの障害となっているデータのサイロ化を解消するためのオープンソースの取り組みを発表した。

 「Black Hat USA 2022」にて発表された「Open Cybersecurity Schema Framework(OCSF)」プロジェクトは、企業がサイバー攻撃をより迅速かつ効率的に検知、調査、停止できるようにするためのものだという。OCSFプロジェクトは、Broadcomの一部門である Symantecが行ったICDスキーマの作業を基盤に、AWSとSplunkによって考案、開始されたもの。OCSFには、Cloudflare、CrowdStrike、DTEX、IBM Security、IronNet、JupiterOne、Okta、Palo Alto Networks、Rapid7、Salesforce、Securonix、Sumo Logic、タニウム、Trend Micro、Zscalerの15社が初期メンバーとして技術を貢献しているという。

 OCSFは、あらゆる環境、アプリケーション、ソリューションプロバイダーで採用できるオープンスタンダードであり、既存のセキュリティ標準やプロセスにも適合。サイバーセキュリティソリューションのプロバイダが自社製品にOCSF標準を取り入れることで、セキュリティデータをよりシンプルに正規化し、セキュリティチームの負担を軽減することができるとしている。OCSFを採用することで、セキュリティチームは、データの分析、脅威の特定、サイバー攻撃から企業を守ることに集中できるようになるという。

【関連記事】
WithSecure、セキュリティ上の疑わしいアクティビティの可視化向上オープンソースツールを発表
SAS、「SAS viya」のサポート拡大によりオープンソースユーザーのデータ利活用支援を強化
yamory、国内初となる脆弱性とオープンソースライセンス違反の一元管理を実現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16483 2022/08/19 14:45

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング